きのふの我に飽くべし

すべては夢に向かって。僕が体系的に学び習得したことをここに記します。読んだ誰かの為に少しでもなればと思います。

きのうの我に飽くべし

はじめまして。私、ミキ太郎と申します。

まずは簡単に自己紹介を。社会に出て、もうすぐ8年目を迎えようとしております。

初めてマネージャーになった22歳の夏からはや4年を迎え、現在26歳。

妻と4歳と2歳の息子がおり、関東エリアのリーダーとしてサラリーマンしております。

ただただ、給料日だけが楽しみだった昔の私。そこから今に至るまで、そして夢に向かう過程で学んだことをここに記していきます。

当面の目標は起業。業を通じて関わるひと全てにしあわせを与える。諦める事なく、くじけることなく最短で向かいたいと思います。

 

ブログのタイトルにもしました「きのうの我に飽くべし」ということば。

私の手帳のとあるコーナーに、“心に残った言葉”があります。(汚い字すいません)

f:id:m_vv_x:20130315220801j:plain

仕事に対しての意識が変わった出来事があった5年前から続けているコーナーです。このコーナーに一番最近追加したことばです。このことばは松尾芭蕉の「俳諧無門関」より拝借しております。

昨日の自分自身に"飽きる"ことが、名人につながるただ一筋の道である。

真理だと思います。

10年度にあるべき姿を目指して、今日より明日。明日より明後日。